2009年12月01日

共に暮らす

器でも雑貨でも家電でも建築でも
デザイン性の高いものが好きです。

インテリアに関して言えば
イームズ、ミース、ヤコブセン、コルビジェ、柳宗理…など
ミッドセンチュリー系に好きなデザイナーが多くいます。

当時から形を変えることなく
長年愛され続けているということは
「物」として完成されている証だと思うからです。


さて、我が家のインテリアといえば…

【シンプル】
【ミッドセンチュリー系】
【猫と同居】

の3つがテーマであります。
もちろん、最後のが一番肝心なところ…


猫と生活を共にする、我が家のリビング。

living_02.jpg

基本的に、素材はレザーを選びます。
ファブリックだと爪研ぎにされちゃうので(・ω・)

TVボードとキャビネットは
レグナテック社 Ritzシリーズ。

照明は normann COPENHAGEN の Norm 06。
なんとこれ!自分で組立てるライトシェードです。
蓮の花のようなデザインに惹かれて購入したものの
い、意外と苦戦しました…1ヶ所折れちゃったしorz
自分の手で作った分、愛着が湧くと言う話ですが
私のように不器用だと、悔しい思いをします。



ソファとテーブルはカリモク60

karimoku_02.jpg



リビング東側に敷いてある、ブラウンのラグは
レザーの切れ端(廃材)でできているラグです。
なにげにeco?

living_04.jpg

小珀が時々ガブガブやっていますが…
多少ちぎれても目立たないラグなので助かります。

キャビネットの中にはiittalaビンテージがチラリ。



living_03.jpg

amadanaデスクトップオーディオとタクミのTO:CA。



以前、マンションに住んでいた時は
B-COMPANYのアンティーク風家具で揃えていました。

vsy_06.jpg

現在の家に引っ越した時、
新築だったので、アンティーク家具がまるで似合わず…
結局、ほとんどの家具を買い替えてしまいました。
新居では国内の家具メーカーにこだわって揃えましたが
国産家具の良さを実感しています。

日本の技術は素晴らしい!

posted by KOHIME at 06:12| Interior