2012年11月21日

秋を纏う

autumnal_01.jpg


今月の初めに母が遊びに来た際

私の好みにストライクな
それはそれは素敵な帯をしていました。



それもそのはず



黒地に柿の朱が艶やかに映えるその帯の
たれの部分には「抱一筆」と…



酒井 抱一は、江戸時代後期の琳派の絵師。
個人的に、特に好きな絵師の1人であります。




帯に描かれた柿は
抱一の『柿図屏風』の柿でしょうか。




autumnal_02.jpg



季節を纏う楽しみ。喜び。
抱一の帯は、母のお気に入りの1枚だそうです。



私も久々にお着物を着たくなりました。






posted by KOHIME at 16:20| Fashion

2011年11月27日

Made in Japan

twopiece_01.jpg


抜群の履き心地と愛らしいデザインで
これまで愛用してきたルームシューズ

D-BROSS×Daimatu のコラボシューズ
Peanuttiが、いよいよ限界となり

先月、新たな相棒を購入しました。




DRILL DESIGN × MIZUTORI
two piece 【egg】




Peanuttiと同じく

デザインスタジオ×老舗靴メーカーコラボ
made in Japan、made in 静岡であります。




twopiece_02.jpg


two pieceはベースが下駄なので
素材はヒノキ。驚くほどの軽さ!

一番の特徴である

2枚の檜の板を伸縮素材で繋いだという
新感覚のソール…『曲がるヒノキ』は

歩く度、足裏にふにふにと不思議な感触。



フィット感はPeanuttiの方が断然上ですが

卵形の広いつま先と、柔らかいレザーで
窮屈さがまったくないのがイイかんじ。




どのくらい広いかというと…


twopiece_03.jpg

「すぽっ」






twopiece_04.jpg

「中は広々としています!」





決して小顔ではない、
モフ顔六花ちゃんのお墨付きです。




購入の際
ARCOPEDICOBIRKENSTOCKもいいなーと思ったのですが

国内産でこんな素敵なルームシューズがあるんですもんね。


日本の企業や職人さんを応援するという意味でも
買った物を長く愛用するためにも

私はなるべく、国産にこだわりたいです。




posted by KOHIME at 10:05| Fashion

2009年12月16日

Peanutti!

私は自宅で仕事をしているので、
特に用事がない限り外出をしません。

故に室内履きは、履き心地が良くて、
長く愛用できるように良質の素材で、
しっかりとした作りものが理想です。

そんな私の愛用ルームシューズ…

形といい、色といい、模様といい
何かに似ていると思いませんか?

peanutti_m1.jpg

その名もPeanutti(ピーナッチ)!

D-BROSS×Daimatuのコラボ商品で
本来は外履き用のサンダルです。

遊び心のある可愛いデザインに
なんといっても抜群の履き心地!

私的には大変満足… なのですが。


妹には「それ、オランダの木靴?」と聞かれるし
アシスタントさんも「オランダのお土産?」と…

最後まで「分からない」という人が多数
「サイのツノに見える」と答えた友人に
「ムーミンですか?」と答えた友人まで…

正解者は今のところ皆無です。
こんなピーナッツしてるのに、なんでorz
でも、どう見てもムーミンはないでしょ〜アヤちゃん!

私の周りには変わり者が多いだけなのかも…
ということにしておきます。




で、こゆちゃんはこれ何に見える?

peanutti_04.jpg
「かつおぶし〜」

削る前の状態ですね。




posted by KOHIME at 22:27| Fashion